どこに掲載をするかで大きく異なる

パソコン

動画制作の依頼をする場合、自社の希望している内容と、コンセプトを明確にして依頼する企業を探すことが重要といえます。例えば広告を依頼する場合、広告のコンセプト・内容・長さなどをも明確にして依頼することが大きなポイントの一つです。テレビCMの場合は秒数が決められているため、商品やサービスを分かりやすく伝えることが必要とされており、コストもそれほど高くはありません。動画サイトでじっくり時間をかけて流すタイプの場合には、自社のコンセプトや商品に関してドラマ仕立てで紹介しているところもあります。スマートフォン・SNSで流す場合には、短くわかりやすい物となるため、テレビCMよりもインパクト重視となることが多いです。これ以外にも会社紹介の場合は企業の良さを伝えるなどの特徴があるため、自社が希望している内容を伝えられる業者を選びましょう。

長さや撮影目的に合わせて違う

スタジオ

自社で映像・動画制作の依頼をする場合、平均的なコストを調べてから依頼したほうがいいといわれているため、比較の参考にしてください。平均的な動画制作の依頼をするうえでの料金となるのは、動画の種類により大幅に異なるため、事前にチェックをすることが重要です。例えばCM制作を依頼する上では、CMを制作する長さや動画の種類に応じて異なり、動画サイトなどで流す場合などをも含めて10万円から300万円程度です。対してセミナーやイベントのために撮影をする場合には、20万円から50万円前後が一般的にとるうえでの相場といえます。更にマスコミへ流す商品・サービス紹介動画の場合は20万円から100万円前後で、インタビューなどを撮影する場合は5万円からです。演出や台本などにこだわりを持つことで、通常よりも高額となる可能性が少なくないうえ、撮影スケジュールも変わります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中