about

About・・・ “とりとライオン”

top1
とりとライオンをご覧いただき、ありがとうございます!!
ここにはとりとライオンにまつわるいろいろな想いを綴ります。

▶︎▶︎▶︎about me /  管理人プロフィール

infoとりとライオン の Concept

コンセプトは、“おとぼけ動物工場”

くすっと笑えたり、ちょっとほっこりする動物雑貨を製作しています。
ふっと力が抜けるような、ほんとの自分に戻れるような。
目に・手にしてくださったみなさんの心をあたためるものづくりを目指しています。

本当は、製作や活動を通して、もっとできることがないか、どんな形であれ、誰かの・何かの役に立ちたいな。と、欲張りなことを考えつつ活動しています。

 

info“とりとライオン” という名に込めた意味

私とあなた。
あなたと誰か。
人と人がつながっていろんなものが生まれるように。
そんなつながりが集まってこの世界があるように。

ぜんぜん別の“ひとつとひとつ”
そして、そんな“ふたつ”のつながりや、
“ふたつ”が生みだす、新しい“何か”
たくさんの“ひとつ”と“ふたつ”と“何か”が集まった世界が
とりとライオンなのです。

たとえば、

小さいものと大きいもの。
繊細なものと大胆なもの。
かわいいものとかっこいいもの。
シンプルなものと個性的なもの。

とりとライオンという名前が象徴するように、
いろんな要素をMIXして、より表情のある活動ができればと考えています。

とりは私。ライオンは大切な人をイメージしています。
私と大切なもの。とりとライオンは私自身でもあります。

 

とりとライオンの由来は本当によく質問されます。うまく言語化できない部分もあっていつもはそれらしく適当に答えていたりしますが、まじめに書いてみてもわかりづらくなってしまいました。時々見直して、よい言葉を探してみます。

 

info工場長のまろうさぎ

工場長のまろうさぎですまゆ毛が“まろ”の『まろうさぎ』
おとぼけ動物工場の工場長です。

こう見えて、うさぎです。
とりとライオンという名前ですが、工場長はうさぎです。
よくわからないことになってきましたが
うさぎが好きなので、工場長はうさぎにしました。

まろが凛々しい男の子です。
男の子ですが、3月3日生まれです。
(○ミミの日 ×桃の節句)

とりとライオンの作品は、まろうさぎがつくっている
(・・・というテイでお楽しみ下さい♥︎)
…むむむっ!!

 

infoとりとライオンの活動

●つくること●

何かを”つくる”ことが大好きで、いろんなものに興味があります。何でもやってみたい病。

せっかく作るので、何か特別なものにしたいという想いがとても強いです。

製作を通していろんなものに触れる中で、たくさんの気付きがあります。それはじぶんを豊かにしてくれる宝物。大切にしなければと思います。

つくるたび 上手になる面もありますが、うまくいかないところも必ずあって、どれだけ手を動かしても終わりがないものだということに、割と最近気がつきました。
つくる楽しさや喜びの中にある 葛藤や挫折を繰り返し味わいながら、ほんの少しづつ何かを積み上げて、次のフェーズに移っていくのかな と思います。

 

●おしえる・つたえる●

mmbアトリエを構えてから、ワークショップを開催。

アトリエを飛び出して、出張講座など いろんな場所で たくさんの方がステキな作品を作ってくださっています。

2017年には、拠点としているBUKATSUDO にて、もふもふ教室をスタート致しました♪♪ (ご興味がある方は、もふもふ教室・講座 のページをご覧下さい)

自分が感じている楽しさを、もっとたくさんの人に知ってもらえたらと思って始めたワークショップですが、回数を重ねてたくさんの方に出逢ううちに、“おしえる”はずが、自分が学んでいるなと感じることが増えてきました。

同じテーマでも、出来上がりは作る人によって様々。大人も子供も関係なく、その方の個性が出て、どれもすばらしいと思います。お手本通りもいいと思いますが、少しでも個性が生きた作品が出来上がるようにお声かけをしています。

楽しんでもらうこと・つくる行程をサポートすることはもちろんですが、出来上がった作品だけでなく、形には残らない“何か”も 持ち帰っていただけるような場をつくれたらいいなと思います。

 

●つくるいみ●

自分にしかできないことがやりたくて、この活動をしています。

つくることは衝動のようなもので、意味はないのかもしれない。
でも、つくったものは何か意味のあるものにしたくて、いろいろと考えています。

ものがあふれていて たいていのものは簡単に手に入ってしまうけど、本当はもっと吟味したものや想いのこもったものを大切に使う方がずっと豊かだし、この世界のためだと思います。

大切にしたくなるものって何だろう?
くたくたになってもそばに置いておきたいものってどんなものだろう?
そんなことを考えつつ、いつか・誰かに・そんなふうに思ってもらえるものが作りたいな。と思っています。

 

infoExhibition

2013年7月 HandMadeInJapanFes2013 でイベント初出展
その後DesignFesta,ヨコハマハンドメイドマルシェ,あ〜てぃすとマーケット他、多数出展
2016年2月  上野の森美術館にて開催の『日本の美術』選抜作家展に出展
2016年10月 TokyoDesignWeek2016 前期 100人展に出展

infoMedia

2016年12月 NHKニュース 『シブ5時』もふもふ部をご紹介いただきました
2016年月  Oz–Magazine 横浜特集 BUKATSUDO紹介ページにこっそり登場
2015年7月 Nemo インタビュー
▶︎▶︎▶︎about…me / 管理人Plofile